サプリメント選びは慎重に

昨今の日本はメタボや生活習慣病をわずらう人が増加する一方で、健康ブームも起きており、いろいろな健康法が紹介されたり、健康器具が売られています。健康食品もマスコミで取り上げられることも多く、TVのコマーシャルで見ない日はあリません。サプリメントもそのひとつで、飲むだけで健康になれるという手軽さから、ブームになっていると言っても過言ではないでしょう。

しかし、サプリメントは薬ではないのですぐに効果がでるというものではありません。日本ではあくまでも健康食品で、「食品」に分類されるものなのです。そのため、サプリメントの効能は表示できない法律があるのです。したがって、何に効果があるサプリメントなのかをしっかり把握しないで飲んでいるサプリメントも多いのではないでしょうか。

アメリカではサプリメントは栄養補助食品として医薬品や食品とは、はっきり区別されています。そして、病名などはあげることはできませんが、サプリメントンの効果を明示することができるのです。そのための科学的なデータによる裏付けなどもはっきりさせたり、検査方法や品質などにも基準が設けられています。

そして、アメリカのサプリメントの特徴は特定の成分を多く含んだ製品が多く、日本のサプリメントのようにあれもこれもと、多くの成分を配合して目的の成分の含有量がわずかしか含まれていないということがありません。
いろいろな成分が含まれていると、多くの効能があるように思いますが、逆にそれぞれの効果が少ししかないことになってしまいます。

サプリメントは効果を実感できるようになるまでには時間がかかり、効果の個人差も大きいのが特徴です。したがってメーカーは長期の利用が見込まれ、効果がなければ体質に合わないとされるので、うまみのある商売なわけです。そして、効果の怪しい製品も多いのが事実なのです。したがって、サプリメント選びは成分の効能をよく知った上で慎重に選ばなくてはなりません。