腹囲はメタボの基準値?

メタボとも呼ばれるメタボリック症候群の基準に腹囲85cm以上という基準があります。これは男性の場合で女性は90cm以上がメタボの基準と言われています。メタボの基準は腹囲の他に血液検査によって脂質異常症(高脂血症)、糖代謝異常症の検査、そして高血圧かどうかも調べ、このうちの二つ以上当てはまればメタボと診断されます。

腹囲を計るのは内臓脂肪型の肥満であるかどうかを調べるためで、肥満には皮下脂肪型と内臓脂肪型があります。女性は皮下脂肪型の肥満が多く、男性は内臓脂肪型の肥満が多く、メタボには内臓脂肪型の肥満が関係しています。

皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪で、内臓脂肪は内臓につく脂肪です。この内臓脂肪の蓄積が脂質異常症や糖代謝異常症、高血圧を招く危険因子となっています。これらが基準以上になるとメタボと診断され要注意となります。

メタボは動脈硬化の原因になり、心筋梗塞や脳梗塞の可能性を増加させます。

内臓脂肪は中性脂肪を増やします。中性脂肪は悪玉(LDL)コレステロールを増やし、善玉(HDL)コレステロースを減らしてしまい、血管壁に悪玉コレステロールが蓄積して高血圧や動脈硬化の原因になります。

内臓脂肪はインスリン抵抗性と言ってインスリンの働きを悪くする作用があります。インスリンはすい臓から分泌され血液中の血糖を減らす働きがあるますが、血液中の血糖を消し去るわけでなく、糖を脂肪細胞に取り込む働きを促進する結果、血液中の糖が減少するのです。

しかし脂肪細胞は糖を取り込んで膨らむとインスリンの働きを阻害するようになり、血液中の糖を取り込む働きが鈍くなります。肥満になると、インスリンが正常に分泌されているにもかかわらず、糖の取り込みが悪くなり、これをインスリン抵抗性と言い、進行すると糖尿病になります。

メタボは内臓脂肪の蓄積が原因で起こります。内臓脂肪は皮下脂肪に比べれば有酸素運動の習慣で簡単に減らすことが出来ます。

運動習慣に加えて、規則正しくバランスの取れた食習慣も身に付けたいですね。