バイアグラは硝酸薬と併用できない

いろいろとある性機能障害のひとつである勃起不全のことを、以前はインポテンツあるいはインポと呼んでいましたが、現在ではED(Erectile Dysfunction)と呼ぶようになっています。そしてEDの治療薬としてバイアグラが登場しました。経口薬でEDの改善ができるということで、男性にとって「夢の薬」とも言われたのです。

EDでない男性が使用すると勃起の持続時間が延長されるので、より長く楽しもうとする人にも人気があります。しかし、バイアグラは医師の処方箋がないと購入できないことから個人輸入する人が多くいますが、バイアグラは医薬品なので素人判断で使用するには注意が必要なのです。

バイアグラは元々が心臓病の薬として開発されたので、他の心臓病の薬と併用した場合に危険な状態に陥ることがあるので、医師と相談の上で使用することが大切です。バイアグラの後に発売されたレビトラ、シアリスなどもバイアグラと同じような作用の仕方をするので、やはり注意が必要です。

心臓の疾患などにはニトログリセリンなどの硝酸薬がよく使われます。狭心症などの救急で病院に運ばれるとまず最初に治療に使われるのが硝酸薬などの血圧を下げる薬が使われます。しかし、バイアグラも血圧を下げる効果があるので、併用すると急激な血圧の低下を招き、場合によっては死亡することもあるのです。

バイアグラ使用中に救急で病院に搬送されるようなことがあれば、必ずバイアグラを服用していることを告げなければなりません。