アーカイブ | 6月 2017

血液検査の項目の意味

血液検査の結果を見てもそれが何を意味しているのかが分かりにくく、異常値がある数値にだけ何かしらのしるしが付けられていることが多いと思います。それだけでは自分の健康状態をしっかりと把握することが出来ないので、血液検査の項目の意味を知ることが必要です。

血液検査の基準値の範囲は「健康な人の95%が含まれる範囲」のことで検査機関や施設、検査方法などでも数値が少し異なります。多種多様にある血液検査の項目ですが、一般の健診で行われる血液検査の項目を大まかに見てみましょう。

血液検査のTP、Albは総蛋白、アルブミンのことで、たんぱく質の量を調べます。栄養状態や肝臓、腎臓の機能の指標にも使われます。

主に肝臓の機能を知るこのは血液検査の項目ではAST、ALT、γ-GTPです。ASTとALTの数値のバランスや他の検査の数値から肝機能の障害を診断するのに利用します。

T-Cho、HDL-Cho、LDL-Cho、TGはメタボの健診には欠かせない脂質の血液検査で、それぞれ総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロールと中性脂肪を示します。善玉コレステロールのHDLを除いて数値が高すぎるとメタボの危険性があります。

腎機能をみる血液検査の項目はBUN、CREで表される尿素窒素とクレアチニンで、たんぱく質やエネルギーの代謝で産生される老廃物で、腎機能が低下して尿からの排出がうまく出来ないと血液中の濃度が高くなります。この項目は基準値を越えたら腎臓の能力が半分以下になっていると考えてください。

糖尿病を知る血液検査の項目がGluとHbA1cです。空腹時の血糖値を見るGluに対してヘモグロビンA1c(HbA1c)は過去の1、2ヶ月の血糖値を知ることができるので、糖尿病の検査には欠かせない項目になっています。

血液検査のUAの項目は尿酸を示します。尿酸は痛風の原因物質で、尿酸値が高いと、痛風発作だけでなく腎機能の低下の原因ともなります。

CEA、AFP、CA19-9、CA125、PSAは腫瘍マーカーと呼ばれ、体内にがん細胞があるかどうかの判別に用いられる血液検査です。ただ、ほとんどの腫瘍マーカーはがん細胞がある程度以上に大きくならないと陽性を示さないので、血液検査で陰性だとしても、がん細胞が存在しないということではありません。

投稿日: 2017/06/04 カテゴリー: 健康