アーカイブ | 2014/01/27

ウィッグの上手な使い方について

ウィッグを上手に使えるようにすると、ファッションの幅を広げることができるようになるので便利です。服装と同じようにちょっとしたアクセントに使ったり、自分の髪質や髪色だけでは表現できないスタイルを演出するために利用するというように幅の広い活用法を試みることが可能になります。

ウィッグを使うときには、取り付けをする際の自分の髪にも注意しておくことが必要になります。短い髪でも長い髪でも大丈夫ですが、ボリュームや硬さには気を付けるべきです。長めの髪をしまうようにしてつけるというときにはあまり多すぎると膨らんだり浮いて見えてしまうということがあります。

短い場合にも、硬い髪の場合には中から飛び出して見えるということがありますから、押さえつけるところから始めるようにしたほうが安全です。体に取り付けるものですから、衛生面をきちんと気を付けておけるようにすることも重要です。

カビや臭いなどを予防するために清潔を保てるようにして陰干しなどを忘れないようにすることです。取り付ける際の地毛についてもきれいな状態を保てるようにして、汚れが移らないようにしておくことで状態を維持しやすくなりますし、肌の炎症などを防ぐというような対策としても考えることができるようになります。

基本的にはワンタッチでつけられるようなものが増えていますし、毛量が気になるという場合や、スタイルの変更など好みに合わせて選んでいくようにすると効果的です。

投稿日: 2014/01/27 カテゴリー: 未分類