アーカイブ | 2013/09/01

家庭用脱毛器は光かレーザーか?

最近の家庭用脱毛器の性能がよくなって自宅で脱毛をする女性が増えているようです。 家庭用脱毛器も新しい機種ではエステで普及している光脱毛ができるんです。少し前まではレーザー脱毛が主流でしたがエステも家庭用脱毛器も光脱毛が人気です。

クリニックなどの医療機関ではいまだにレーザー脱毛が主流です。クリニックや医療機関では、もしも火傷などのトラブルがあってもすぐに手当てができ、麻酔などの使用もできるので出力の大きいレーザー脱毛ができます。しかし、エステでは医療行為が行えないのでレーザー脱毛器の出力が低く抑えられています。したがって、脱毛効果もあまり高くないのです。したがって、痛みが少なく取り扱いのしやすい光脱毛を採用するエステが増えたのです。

家庭用脱毛器ではどうなんでしょうか? 売れ筋の家庭用脱毛器でレーザーを採用しているのはトリアの1機種に対して、光脱毛器はケノン、ラヴィ、センスエピなどがあります。家庭用の光脱毛器はレベル調整や連射機能など、きめ細かく調整できるようになっているので、痛みに弱い人にはいいかもしれません。照射面積も大きいのでスピーディな脱毛ができます。

それに対してレーザー方式は痛みが大きいといいます。レベル調整もありますが皮膚の厚い腕や脚などは問題ななくても、デリケートな部分は多少の痛みがあるようです。そして光方式の家庭用脱毛機と比較すると照射面積が小さいのがデメリットになると思います。それだけ照射回数が多くなって痛い思いをする回数が増えることになるのですから。

しかし、クリニックや医療機関でいまだにレーザー方式が採用されているのは脱毛効果の高さにあるようです。家庭用脱毛器でもレーザー方式に根強い人気があるのは、痛い分だけ脱毛効果が高いことがあるようです。光方式もレーザー方式も、毛のメラニン色素に光のエネルギーを与えて熱を発生させて脱毛します。熱で毛根の細胞にダメージを与えるのです。脱毛の痛みは熱による痛みなのです。だから痛いほど毛根にダメージを与えているので、脱毛効果が高いと考えてもいいのではないでしょうか?

家庭用脱毛器は光脱毛の機種ではカートリッジ方式が採用されているので、カートリッジの種類を替えると美肌のケアもできたりするんです。家庭用脱毛器も機種によってそれぞれの特徴があるので、自分に合う機種をさがすのが大変ですね。

投稿日: 2013/09/01 カテゴリー: 未分類